So-net無料ブログ作成
検索選択

中古のドメインについて考察①

仕事柄、ドメイン取得はしょっちゅう行います。

うちのお客様は個人商店的な小さな法人なども多いので、

「さーばー?」

「どめいん??」

「いやぁ…お任せしたいです…」

というお客様が多いわけで。

ホームページを作りたい」

という純粋な希望を述べているだけなのに、
「ドメインはどうしますか?サーバは?」なんて
畳みかけるように訊ねられたら、そりゃオドオドしてしちゃいますよね。

その点、大きな企業の時には、情シスさんなんかとお話ができますから、
すごく話が早いです。
これはこれで、あちらのレベルが高すぎて困ってしまうこともあるわけですが。

「オールドドメインから選びたい」

とかね。

ほら来たよ。オールドドメインですってよ。

さすが情シス恐るべし。

オールドドメイン。。。
日本だとバリュードメインとかお名前ドットコムなんかが有名ですが、
期限切れ前のドメインをバックオーダー(期限切れ時までに更新されなかったら取得したい)とか、
中古のドメインの販売、オークションなんかもやっていますね。

そうそう、ヤフオクにもドメインが出品されていることがありますが、
2億円のドメインが出ていたりします。

http://goo.gl/9qdL5b

におくえん。

買わないでしょ普通…

1文字.com とかの、ものすごく希少性の高い物ならまだしもね…

かつてGMOが「z.com」を8億で買ったなんてニュースにもなりましたがね。


ドメインの価値はまず、ドメインの下の部分「.com」とか「.net」とか、
最近はいろいろなものが増えていますが、
その部分も重要です。

世界的に人気があるのは、ダントツで「.com」、ついで「.net」。

ほかのものはずいぶん価値が落ちるはずです。

日本だと「.jp」は人気がありますが、当然海外で「.jp」を欲しがる人はいません。

ドメイン投資のつもりであれば、どんなに文字列が良くても「.com」「.net」以外は買わない方が無難でしょう。
※日本での売買に限定するなら「.jp」もありかもですが。

世界を舞台にドメイン投資をするなら、SEDOなど、ドメイン市場とでも言いますか、ドメイン売買される場所に行ってみるのがいいと思います。

ワタクシも使っていないいくつかのドメインをSEDOで売りに出しています。
売れても売れなくてもいいや…ぐらいの気持ちで高値を付けているので、なかなか売れませんがw

SEDOに行くと、世界は広いなと実感しますね。

日本の市場を相手に商売しているのがバカらしくなることもあります。
単純に人口だけを考えても、世界の市場で勝負できるものは
世界で勝負した方がよっぽど可能性があったりするわけです。

とはいってもワタクシはドメインブローカーではないので、
あくまで仕事の一環としてドメインを買ったり売ったりするだけです。。。

ダラダラ書いてきましたが、
まぁこれは「いずれ売る」という人のための予備知識ですので、
欲しいドメインをあくまで「使う」という人にはあまり意味のない話です。

欲しいドメインが取れない場合にはどうするか?

・そのドメインが空くまで待つ
・そのドメインの持ち主に売買を交渉する

などの方法があります。

貴重な「プレミアムドメイン」などと呼ばれるものは、
お名前ドットコムなどでも販売されています。

におくえんまでは行きませんが、数万円~数百万円のものまで、良いドメインが売られています。
こちらのプレミアムドメインは、ページランクよりも、文字列で高値がついているように思いますね。




ちなみに↑で検索条件を「3文字以下」「.com」で絞り込むと、最高額は

7,680,000円
listfree.com
でした。

高っ


ページランク云々はまた次回。
SEO目的での高ページランクドメイン購入でしょうが、
SEOは毎度書いているように、正しくSEOすればちゃんと上位表示されますから、
ドメインはいろいろな情報に惑わされず、
欲しい文字列のものを買うのがいいと思いますね。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。