So-net無料ブログ作成

久しぶりにSEO。技術的な手の内その1:オールドドメイン&IP分散型サーバ


docomoのiPhoneを入手して以来、達成感から頭の回転が鈍くなる、という状態を体験しました。

完全に、祭りの後の抜け殻ですね(笑)

というわけで久しぶりにSEOです。

現在取り組んでいる案件のSEO条件が非常に厳しい。

情報システムの担当者がWebに無駄に詳しいのはイヤです、もとい、話がしやすくなったなと感じます。



以前も書いているように、小手先のSEOなんぞ必要ありません、
というのが私の考えです。

検索エンジンでとある言葉を入力してページを訪れた読者にとって、有益なコンテンツがあり、それが維持更新されているならば、必ず検索順位は上がってきます。

なので、変なSEOに多大なお金をかけるよりは、コンテンツ制作に投資した方がよっぽどいいと思っています。

で、今回の案件の情報システム担当のHさんはこうおっしゃいます。

「それはわかってます。
もちろんコンテンツにも投資しますし、検索ワードを意識したコンテンツ作りをしてもらいます。でも、プラスアルファとして、いわゆるSEO対策を行ってはダメという理由はないですよね?」

と。

いかにも情報システム担当らしい言い回しw


いえ、おっしゃるとおりですよ。

投資できるならいいんじゃないですかね。

読者にとって有益なコンテンツ+私の嫌いなSEOのためのSEO。

最強かも知れませんよ。


どうせ私はコンテンツ制作(デザイン)のための業者という扱いでしょうから、SEOは専門の業者に頼んだらいいですよ、大枚はたいてね。

と、ここで、Hさんはさらに続けます。

「SEO専門業者には頼むつもりないんです。変な被リンクが増えるだけ、みたいなのは望んでいませんし、私も知識はありますから、作業は御社にお願いできればと思っています」


おっと!

イヤです、なんて言える雰囲気ではないですね。。。


で、渋々やることになりました。
SEOのためのSEO。


しかし、今回は「小手先のSEO」にならないよう、しっかり予算を用意してもらいます。


Hさんの計画は、
・関連サイトを10個
 それぞれコンテンツは作成準備ができている
・メインサイトが1個
 関連サイトからの流入の流れを作るが、あくまで関連サイト1つ1つは独立したコンテンツ運営を行う、というもの。


かなり規模の大きな話になってきました(汗)


ネットビジネス(アフィリエイト)でもよく聞く話ですが、サテライトサイト(関連サイト)から、キャッシュポイントとなるメインサイトに人が流れるように作る、という手法です。
(ネットビジネスの多くは、これを個人でやるもんだから、カスみたいなサイトがあちこちに散らばってますよね)

構造は同じですが、そのサテライトサイト(関連サイト)を独立運営できちんとできるなら、まぁ、いいんじゃないでしょうか。効果は絶大でしょう。


■まずドメイン

そしてWeb屋としてのSEOに入るわけですが、まずはドメインです。

メインサイトのドメインは、当然希望のものを付けなければならないので、新規取得としますが、関連サイトのものはオールドドメインを使っても良いかもしれませんね。

というか、できるのであれば、やってみませんか?と提案。

もちろん、無駄にネットに詳しいHさんですので、即OKが出ました。

オールドドメインはオークションもあるぐらいで、高値のものもありますので、業者選定も重要です。
詐欺みたいに高いところもありますからね(^^;

オールドと言っても、たかがドメインです。
取得費用、年間維持費は、新規取得の場合には、かかっても数千円ですから。

いくらページランクが高いとか、古いとか言っても、あまりにバカらしい価格のものは買わないようにしたいものです。

ですので、普通の良心的な業者を選びます。

例えばこちら、
優良な期限切れドメインが毎日手に入る、123ドメイン期限切れドメイン検索エンジン

参考までに…)こちらはプレミアムなドメインのレンタルサービス。
これぐらい価値のあるドメインなら、高くても利用価値はあるような気がします。。。
【スーパー・プレミアム・ドメイン】



■次にサーバ

本来なら大きなサーバを借りてマルチドメインで運用したりすれば、コストは安上がりになります。

ところが、このSEOというのはくせ者で、サーバのIPアドレスが共通だと、被リンクも評価されにくい、という性格を持っています。

(この辺、ドメインとIPの関係についての解説は省きます)

ということはどういうことかというと、
10個のサテライトサイトと、1個のメインサイトのIPアドレスは分散していた方が良い=別のサーバで運用した方が良い、ということになるわけです。

※IPアドレス分散についての参考資料
Google特許から解明されたIPアドレス分散によるリンク・アロケーションの重要性

そこまでやりますか…?

Hさんに思わず聞いてみたところ、

「もちろんです^^」

と、明るく言われてしまいました(-_-;)

ので、サーバもいつも通りの基準で選ぶわけにはいかなくなりました。

さて、IPアドレス分散のために、11社のサーバと契約するか???
と、ずいぶん考えたのですが…

IPアドレス分散型のサーバ会社を当たることにしました。

例えばこちら、
IP分散サーバー【IQサーバー】
IPアドレス分散レンタルサーバーを提供する123サーバー

こういった慣れないサーバを契約する際には、口コミや評価もぜひチェックしたいところです。

また、メールでのやりとりだけでなく、最低でもサポートと電話で話すとか、高額契約の場合には、向こうが拒否しても直接会っての打ち合わせに無理矢理持ち込むwとか、それぐらいしたいものです。


さて…

コンテンツはほぼ用意されている。ドメイン、サーバの方向性も決まった。

これで最低限の資源は揃いました。

これからサイトを組み立てていき、一気にSEO効果を高める技を仕込んでいくわけですが、それはまたの機会に書きたいと思います。

今回の案件で感じたことと言えば、

「嫌い嫌いも好きのうち」

はい、SEOするSEO、予算が許すのであれば、嫌いではないかも[黒ハート]

なんてことでした(汗)


---

1時間でアンドロイドアプリを作る方法
---




【iPhoneに機種変しました(2)】SPモードメールの巻

そんなこんなでiPhoneを受け取ったのが9/30の夜。
機種変の詳細は前記事参照ください。

一応関係各位には「今晩はdocomoメールは使えないから」と通達済み。

まあ、一晩ぐらいはいいでしょうと思いつつ、
一晩では済まなかったりして??の不安も少し。


で、iPhoneいじりで夜更かししてしまった丑三つ時。

docomoの発表では午前4時からSPモードメールが使えますとのことでした。

SPモードの設定に関する説明書も本体と一緒にくれたので、
試しにちょっとアクセスしたら、4時前でしたがつながりましたね。

で、無事、SPモードメールは開通しました。


でも、ここに落とし穴が(というほどのことでもないか)…

SPモードメールはMMSに対応していないので、「メッセージ」アプリでのやりとりができないんですねー。。。。


通常の「メール」アプリで閲覧はできますが、デフォルトのままだと受信ボックスに振り分け用のフォルダすら作れないという…

改めて感じる、この不便さ(笑)

振り分け用のアプリでも導入するか、
ギズモードのこの記事を信じてしばし放置か…
ドコモのiPhoneはMMSに対応するかも!?
迷うところです。






タグ:iPhone MMS

【iPhoneに機種変しました(1)】docomoショップにて

---
⇒『ドクター・中松 緊急告白 都知事選の真相と日本の行く末』
---

iPhone5s01.jpg9/30、ついにこの日がやってきました。
入荷連絡までの経過は前々記事をご参照ください。

ついについに、

iPhone5s シルバーに機種変完了です[exclamation×2]

パケホ料金の問題で、10月に入ってからの方がお得かも知れない、とも伺ったのですが、いかんせん月初は仕事で外回り、docomoショップは10時~20時という非常に綱渡りな感じの営業時間。。。

入荷連絡から1週間以内に受け取らなければならないので、9/30の夜、閉店間際に行くことにしました。

普段は諸手続専用のフロアがあるDSですが、そこがiPhone機種変専用フロアになっていました。

とは言っても、自分を含め4~5人程度なので、機種変が殺到している風でもなかったですね。

ちなみに在庫はiPhone5sは全てナシ、5cは全てあり、でした。

いつもは手際の悪い女性のスタッフが多いのですが、
今回は話の早い兄さんが対応してくれたので万事滞りなくさくっと終了。

【機種変の手順】
・予約番号の確認
(Web予約の人はメールに記載してあります。店舗予約の人は伝票をもらっているはずです)

・支払い方法の確認
本体は、てっきり分割払い購入がお得なのかと思っていましたが、一括、分割ともお得度は変わりません。
そして、2年未満で機種変した際のリスク(損)も同程度です。
支払い方法については詳しく後述します。
docomoのサイトではこの辺まったくよくわからなかったので、話の早い兄さんに確認しました。

・料金プランの確認
iPhoneには料金プランはひとつしかありませんので、説明を聞くだけ。
http://www.nttdocomo.co.jp/iphone/charge/5s_change.html

・契約サービスの確認
docomoのサービスで、これまで使ってきたものであっても、iPhoneになると使えなくなるサービスがいくつかあります。ケータイ保証お届けサービスなんかもそのひとつです。(このサービス、過去に1度だけ使ったことがありますが、非常に便利なサービスだったので、これがAppleのケアプランになってしまうのはちょっともったいない。)
ほかにも使えなくなるサービスがあるので、その説明と確認。

・修理についての説明
修理やサポートはdocomoショップでは一切承れませんよ、という話。
事前調査でだいたいのことはわかっているので、説明を聞くだけ。

・支払い
もしもiPhone6がぶっ飛んだ機能を搭載していたら2年以内に買い換えることもあるかも知れないよなぁ、、、、と思い、一括払いで購入しました。

で、ようやく受け渡しか?と思ったら、

「データの移行をしますので、あちらのカウンターへどうぞ」

と。

docomoはデータの移行しないんじゃなかったの???

と思い、「何のデータですか?」と聞くと、

「電話帳のみです」とのこと。

いやはや、あらかじめGoogleアカウントに連絡先を同期させておいたのだけど、
その必要はなかったようで。。。

移行をやってもらえるなら帰ってからの設定が一手間減りますので、
喜んでやってもらうことに。

・連絡先データの移行
なにやら専用の機械を使って、片方のケーブルにXperia、もう片方のケーブルにiPhone、
パスワードを入力する以外はお兄さん任せであっという間に終了しました。

以上で機種変更手続き完了。
時間にして30分程度でした(待ち時間除く)。

なお、AndroidからiPhoneへの機種変では、SIMカードは形状自体が変更になるため、差し替えはしません。

●一括払いと分割払いの比較
以下の表を参照。
こういう料金表を見て気をつけたいのは、「実質負担金」と書いてある部分。
これは、一括払いで考えるとわかりやすい。

(例)64GBの場合
初期一括払いで  90,720円支払う
月々サポートで毎月2,940円の割引(→最大70,560円(24か月)まで割り引く)
この、最大24か月まで割り引いてもらったときに、ようやく実質負担金が20,160円となる。

ところが、例えば14か月で機種変更や解約をすると、残り10か月分の月々サポートは受けられなくなるから、29,400円の損をすることになる。
このときの実質負担金は一括払いした90,720円から、月々割り引いてもらった2,940円×14か月分を引く=49,560円になる、というわけ。

さらに危険なのは分割払いの場合で、同じく14か月で機種変更や解約をすると、
3,990円×10か月の残債が残る。
実質負担金は、すでに支払った840円×14か月=11,760 プラス 残債 39,900円=51,660円になる。

残債は実質負担金に書かれた 840円×10か月ではないので注意が必要。
(支払い済みの回数によっては減額措置があるらしいが詳しく発表されていない)


16GB   プレミア購入プログラム 分割払い
実質負担金 0円 0円
機器代金|分割支払金
(支払総額・現金販売価格)
70,560円 3,990円/月×24回
(95,760円)
月々サポート
(最大割引額)
-2,940円
(-70,560円)
-3,990円×24か月
(-95,760円)

32GB   プレミア購入プログラム 分割払い
実質負担金 10,080円 420円×24か月
(10,080円)
機器代金|分割支払金
(支払総額・現金販売価格)
80,640円 3,990円/月×24回
(95,760円)
月々サポート
(最大割引額)
-2,940円
(-70,560円)
-3,570円×24か月
(-85,680円)

64GB   プレミア購入プログラム 分割払い
実質負担金 20,160円 840円×24か月
(20,160円)
機器代金|分割支払金
(支払総額・現金販売価格)
90,720円 3,990円/月×24回
(95,760円)
月々サポート
(最大割引額)
-2,940円
(-70,560円)
-3,150円×24か月
(-75,600円)






タグ:iPhone

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。