So-net無料ブログ作成

デザイナーのプリンター選び

最近、プリンター購入熱が激化しており、夜な夜なヤフオクを眺める日々です。
私はWebだけでなくグラフィックデザインもやるので、それなりのプリンターを求めているわけですが…

なかなか、これ!というプリンターがない。

ちなみに条件はこんな感じです。

1.レーザープリンタで解像度がtrueで1200dpi欲しい
2.ハガキ程度の厚みのある紙を、カールせずに出力したい。
3.A3ノビか、せめてSRA3に対応していてくれるとありがたい。
4.さらにpostscriptにも対応していてくれるとなお良しだけど、後付けでも構わない。
5.オンデマンド機と呼ばれるような機械を買うほどの予算はない。

と、こんな感じなのです。

1.を満たす機種は今はたくさんありますね。特にゼロックスの印刷品質が私は好きです。
ゼロックスはNECにOEM提供していて、NECのプリンタの多くはゼロックス製なので、候補としてはNECも有力となります。

意外に難しいのが2。
レーザープリンタはその構造上、用紙は美しくカールする、という特性を備えてしまっています。
現在持っているキヤノンのA3レーザーも容赦なくカールしますね。
カールしないものが手に入れば、自分のデザインのポストカードとか自作して売れるのになーと思ったりするわけです。
用紙のカールがしにくい構造なのが、OKIデータのプリンタ。
熱は当然加わるものの、水平搬送、フェイスアップ排紙が可能なので、用紙が反りにくくなっている、らしい。

ひと昔前の方が、フェイスアップ排紙できる機種が多かった気がしますが、今はほとんどないみたいです。

ゼロックスのC4000d、C5000dにはオプションでサイドトレイを付けることができて、フェイスアップ排紙ができる。
でもこの2機種は、そこらのレーザープリンタよりもずいぶんとお高いクラスなのですよ…

一方、前出のOKIはというと、一般の機種では600dpi、最大でA3まで、さらにコート紙系が一切ダメというのが残念なポイント。
OKIにもDTPモデルのVINCIシリーズがあって、こちらなら全て解決なのですが、やっぱりお高い…

ここまでの条件ですでに頓挫しそうになるのですが、
3について。

これまたひと昔前のゼロックスのプリンタは、一般向けの機種でもSRA3ぐらいの対応のものはあったのですが、最近のモデルは軒並みA3まで。

A3ノビやSRA3なんて、月に2〜3回しか出力しないのですが、その度にキンコーズ…ってのも大変なんですよねぇ。

こちらも前出のC4000d、C5000dはSRA3対応。ちょっと古いC3360もSRA3対応なんだけど、発売の古さがちょっと気になりますかね。
OKIもやはりDTPモデルじゃないと、SRA3は対応していません。


…ちょっと長くなりましたので
次回に続きます。





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。