So-net無料ブログ作成

久しぶりにSEO。技術的な手の内その1:オールドドメイン&IP分散型サーバ


docomoのiPhoneを入手して以来、達成感から頭の回転が鈍くなる、という状態を体験しました。

完全に、祭りの後の抜け殻ですね(笑)

というわけで久しぶりにSEOです。

現在取り組んでいる案件のSEO条件が非常に厳しい。

情報システムの担当者がWebに無駄に詳しいのはイヤです、もとい、話がしやすくなったなと感じます。



以前も書いているように、小手先のSEOなんぞ必要ありません、
というのが私の考えです。

検索エンジンでとある言葉を入力してページを訪れた読者にとって、有益なコンテンツがあり、それが維持更新されているならば、必ず検索順位は上がってきます。

なので、変なSEOに多大なお金をかけるよりは、コンテンツ制作に投資した方がよっぽどいいと思っています。

で、今回の案件の情報システム担当のHさんはこうおっしゃいます。

「それはわかってます。
もちろんコンテンツにも投資しますし、検索ワードを意識したコンテンツ作りをしてもらいます。でも、プラスアルファとして、いわゆるSEO対策を行ってはダメという理由はないですよね?」

と。

いかにも情報システム担当らしい言い回しw


いえ、おっしゃるとおりですよ。

投資できるならいいんじゃないですかね。

読者にとって有益なコンテンツ+私の嫌いなSEOのためのSEO。

最強かも知れませんよ。


どうせ私はコンテンツ制作(デザイン)のための業者という扱いでしょうから、SEOは専門の業者に頼んだらいいですよ、大枚はたいてね。

と、ここで、Hさんはさらに続けます。

「SEO専門業者には頼むつもりないんです。変な被リンクが増えるだけ、みたいなのは望んでいませんし、私も知識はありますから、作業は御社にお願いできればと思っています」


おっと!

イヤです、なんて言える雰囲気ではないですね。。。


で、渋々やることになりました。
SEOのためのSEO。


しかし、今回は「小手先のSEO」にならないよう、しっかり予算を用意してもらいます。


Hさんの計画は、
・関連サイトを10個
 それぞれコンテンツは作成準備ができている
・メインサイトが1個
 関連サイトからの流入の流れを作るが、あくまで関連サイト1つ1つは独立したコンテンツ運営を行う、というもの。


かなり規模の大きな話になってきました(汗)


ネットビジネス(アフィリエイト)でもよく聞く話ですが、サテライトサイト(関連サイト)から、キャッシュポイントとなるメインサイトに人が流れるように作る、という手法です。
(ネットビジネスの多くは、これを個人でやるもんだから、カスみたいなサイトがあちこちに散らばってますよね)

構造は同じですが、そのサテライトサイト(関連サイト)を独立運営できちんとできるなら、まぁ、いいんじゃないでしょうか。効果は絶大でしょう。


■まずドメイン

そしてWeb屋としてのSEOに入るわけですが、まずはドメインです。

メインサイトのドメインは、当然希望のものを付けなければならないので、新規取得としますが、関連サイトのものはオールドドメインを使っても良いかもしれませんね。

というか、できるのであれば、やってみませんか?と提案。

もちろん、無駄にネットに詳しいHさんですので、即OKが出ました。

オールドドメインはオークションもあるぐらいで、高値のものもありますので、業者選定も重要です。
詐欺みたいに高いところもありますからね(^^;

オールドと言っても、たかがドメインです。
取得費用、年間維持費は、新規取得の場合には、かかっても数千円ですから。

いくらページランクが高いとか、古いとか言っても、あまりにバカらしい価格のものは買わないようにしたいものです。

ですので、普通の良心的な業者を選びます。

例えばこちら、
優良な期限切れドメインが毎日手に入る、123ドメイン期限切れドメイン検索エンジン

参考までに…)こちらはプレミアムなドメインのレンタルサービス。
これぐらい価値のあるドメインなら、高くても利用価値はあるような気がします。。。
【スーパー・プレミアム・ドメイン】



■次にサーバ

本来なら大きなサーバを借りてマルチドメインで運用したりすれば、コストは安上がりになります。

ところが、このSEOというのはくせ者で、サーバのIPアドレスが共通だと、被リンクも評価されにくい、という性格を持っています。

(この辺、ドメインとIPの関係についての解説は省きます)

ということはどういうことかというと、
10個のサテライトサイトと、1個のメインサイトのIPアドレスは分散していた方が良い=別のサーバで運用した方が良い、ということになるわけです。

※IPアドレス分散についての参考資料
Google特許から解明されたIPアドレス分散によるリンク・アロケーションの重要性

そこまでやりますか…?

Hさんに思わず聞いてみたところ、

「もちろんです^^」

と、明るく言われてしまいました(-_-;)

ので、サーバもいつも通りの基準で選ぶわけにはいかなくなりました。

さて、IPアドレス分散のために、11社のサーバと契約するか???
と、ずいぶん考えたのですが…

IPアドレス分散型のサーバ会社を当たることにしました。

例えばこちら、
IP分散サーバー【IQサーバー】
IPアドレス分散レンタルサーバーを提供する123サーバー

こういった慣れないサーバを契約する際には、口コミや評価もぜひチェックしたいところです。

また、メールでのやりとりだけでなく、最低でもサポートと電話で話すとか、高額契約の場合には、向こうが拒否しても直接会っての打ち合わせに無理矢理持ち込むwとか、それぐらいしたいものです。


さて…

コンテンツはほぼ用意されている。ドメイン、サーバの方向性も決まった。

これで最低限の資源は揃いました。

これからサイトを組み立てていき、一気にSEO効果を高める技を仕込んでいくわけですが、それはまたの機会に書きたいと思います。

今回の案件で感じたことと言えば、

「嫌い嫌いも好きのうち」

はい、SEOするSEO、予算が許すのであれば、嫌いではないかも[黒ハート]

なんてことでした(汗)


---

1時間でアンドロイドアプリを作る方法
---




SEOするSEO(2)

以前「SEOするSEO」という投稿を書きました

続編として、SEOコンサルに頼らなくても(大金を投じなくても)できることを考えたいと思います。

もちろん「餅は餅屋」ですから、SEOコンサルたるもの、その道の道具をたくさん持っています。
任せておけば、ある程度はプロっぽい仕事をしてくれます。

でも、「検索エンジンの上位獲得」のためにお金を払うのはちょっと躊躇するのもよくある話です。
SEOコンサルというのはうさんくさい業者もたくさんいますから…

というわけで、自分で(または自社で)SEOする場合に何をやればいいかというと、

1. 有益なコンテンツを作る

まずはこれに限ります。
無益なコンテンツは、一時的に上位に表示されてもやがて淘汰されていきます。

2. 正しいHTMLを書く。

HTMLに限らずですが、ソースは丁寧に真面目に書きましょう。
ソースが正しいかどうかはW3CのMarkup Validation Serviceでチェックしましょう。
validator.jpg
CSS版はこちら

3. キーワード設定を熟慮する

・ターゲットは誰なのか(年代、性別等)
・ターゲットに合わせたキーワード選定
・HTMLのmetaにキーワードを記述する
・コンテンツにも適度に(有益なコンテンツであれば適度なはず)キーワードを入れる

4. Google Analyticsでアクセス解析をする

今の時点では内容がわからなくても、とりあえずは解析用のソースを埋め込んでおきましょう。


ここからが「SEOするSEO」になります

5. サテライトサイトや被リンク用サイトにはIPアドレス分散型のサーバーを使うのも1つの手です。



6. ページランクの高いサイトから被リンクをもらうと、サイト自体のランクも上がります。(Wiki「ページランクとは」)
ページランク一括チェックツール
URLを貼り付けてください。(最大10件)
Powerd by IPアドレス分散レンタルサーバー



7. リンクが充実してきたら、被リンクのチェックもしましょう

Yahoo被リンク一括チェックツール
URLを貼り付けてください。(最大10件)
Powerd by IPアドレス分散レンタルサーバー



8. 3~7をチェックしつつ、キーワードの選定やコンテンツの充実、コンテンツの更新に力を入れていきましょう。

ブログなどからリンクをするのも手っ取り早いですが、評価の基準は日々変わっているGoogleなので、とにかくまず言えることは、

・SEOテクニックに走ってコンテンツがおろそかになるのは本末転倒

です。
コンテンツの充実がまず優先です。

それ以外のテクニックは、検索エンジンの上位に来るスピードを速めるにすぎない、
それぐらいの認識でいるといいと思います。








SEOするSEO

先日「SEOしないSEO」という投稿を書きましたので、今日は「SEOするSEO」について。

まずは前回のおさらいから。

・検索エンジンの使命は、「いかにユーザーの要望にマッチするサイトを上の方に表示するか」です。 検索したものの、役に立たないサイトばかり上位に表示されたのでは、検索エンジンとしての使命はまっとうできていないと言えるでしょう。
・ゆえにサイト運営者は、検索エンジンで上位にヒットさせたければ、そのキーワードで検索をしたユーザーにとって有益なサイトを作れば良い。


以上でSEOは完了です。本当です。

ただし……と、ここからが今回の本題です。


検索エンジンはどのようにして「有益なサイト」という判断を下しているかというと、

・ページ当たりのキーワードの出現回数や密度であったり

・他のサイトからどれくらいリンクされているかだったり

・どれぐらいの回数見られているサイトであるかだったり

・ページのHTML構造の正しさだったり

そんなことを総合的に判断して、「有益である」と判断しています。
(簡潔に書いています)

ここで、その判断をするのはコンピュータです。


コンピュータと人間は、いつでもイタチごっこをしています。
上記の判断をするコンピュータをうまく使えば、「有益でないサイト」が上位に来ることも可能です。
「あたかも有益なサイトに見えるサイト」を作ることが、可能だということです。

わかりやすい例が「被リンク」です。

「被リンク」というのは、他のサイトからどれくらいリンクされているか、です。

ですので、関連会社や取引先など、リンクしてくれそうなところには、「Webサイト開設のお知らせ」とともに、リンクのお願いをしておくといいです。
インターネットはそうやって助け合い(?)で成り立っています。

ですが、関連会社や取引先だけでは「被リンク」の成果としてあまり大きなものが期待できないケースもあります。
そのようなケースでは、検索エンジンの「有益である」という判断には、早々には届かない場合が多々あります。
大企業でもなければ、たいていはそうなんじゃないでしょうか。

本当に有益なサイトであれば、徐々に順位は上がってきます。必ず。
そこは気長に待ちましょう、と私なら言いますが、そうも言っていられない場合には、SEOに投資をして「SEOの裏技」とでも言うべき手法を使います。

具体的には、「被リンクを増やす」などの方法が一般的です。
お金でリンクを買う、と言うとわかりやすいでしょうか。

お金を払って、いくつかのサイトからリンクをしてもらうわけです。

仮にAサイトとしておきましょう。

SEOコンサルに申し込んでお金を払ったら、Aサイトからリンクをしてくれました(通常は複数のサイトからリンクさせます)。
この際、このAサイトも有益であれば、なおいっそう「有益である」との判断が上がります。
SEO業者の宣伝などでは、「ページランクの高い優良サイトからの被リンク」などと謳われている場合が多いです。
このAサイトの価値が高ければ高いほど、金額も高いかもしれません。
上を望めば望むほど、金額も高くなりますが、検索エンジン対策としては即効性があるのも事実です。


ですが、ここで私はちょっと待ったと思うわけです。

確かに「被リンク」は増えますが、そのAサイトは業務とはまったく関係のないサイトかもしれません。
実際、SEO業者が「被リンク用のサイト」をいくつも持っていて、そこからリンクさせるだけという場合が(中には)あります。

そんな得体の知れないサイトからのリンクでいいんでしょうか?

と、思わないでもないわけです。

これが「裏技」と言われてしまう部分だと思います。

正々堂々と闘っているか?

と聞かれたら目をそらすような…


ただ、ビジネスですから、常にフェアであれとは思いません。

使えるテクニックは使いましょう。

良心に従っていたのでは、このIT社会を生き残れないかもしれませんし。

(私は、最後は正義が勝つと思ってますが)


そういうわけで、投資をしての「SEOするSEO」は即効性があります。
サイト開設後、早急に検索エンジン上位に(会社名以外のキーワードで)表示させたければ、そういう方法を使っても良いでしょう。

ただ、1年以上経っても、そのような「被リンク」に頼らなければ上位に来ないのであれば、それは「サイトの有益性」に疑問を持った方が良いです。

なぜ「検索エンジン上位」に表示させたかったのか?をもう一度思い出してみましょう。
数字上のアクセス数は上がっていたとして、当初に狙ったサイト効果(売り上げ増だったり、話題性だったり)は本当に得られているでしょうか?

継続していつまでもSEOに大金を投じ、検索エンジンの上位に無理矢理表示させたとしても、最後にサイトの有益性を判断するのは、コンピュータではなく人間です。

しかも、「検索エンジンで有益なサイトを探してきた」人間です。

アクセス数やSEOばかりに気を取られ、コンテンツを蔑ろにしていたら、下手すると「無益なサイトが上位に表示されていたもんだ」という憤りとともに、あっという間にサイトを後にしてしまうかもしれませんよね。

婚活サイト meets

※ファーストサーバ障害、再構築のご相談に乗ります。ただし、こちらも個人対応になりますので、あまり大規模なものはお受けできません。詳しくはこちらの投稿「ファーストサーバ大規模障害:Web制作屋としてできること」をご覧ください



Webサイト・CGI ブログランキングへ




SEOしないSEO

今回のファーストサーバ大規模障害のおかげで(?)、疎遠になっていたお客様数社からも連絡が来たりしました。制作はこちらで請け負ったものの、管理更新はお客様の社内でやっていた、というようなケースです。

何年も前に作ったサイトもあったので、懐かしく思い、社名以外のキーワードで検索してみたところ、検索エンジン1位にヒット。試しにほかのキーワードで検索しても3位以内には入るという優秀さ。

こちらで制作した後に何か特別なSEOを施したのかと思ったら、「ページの更新をしただけで、何もしていない」とのことでした。
ソースを見ても、SEOの基本と言われる
<meta name="keywords" content="○○○">
<meta name="description" content="○○○">

の記述がない。

今だから言えますが、当時の私は、「keywords」と「description」なんて意味がない!と思っていましたので、この2行のないサイトをたくさん作りました…
そこがそのままになっているということは、一般的には「SEOの基本がなっていない」ということにもなるかもしれません。
(現在は思い直して、一応サイト制作の「基本」として記述するようにしています。)


では、なぜサイトの評価がそんなに高いのか?

答えは簡単です。

コンテンツが有益であるからです。

検索エンジンの気持ちになって考えてみましょう。
検索エンジンの使命は、「いかにユーザーの要望にマッチするサイトを上の方に表示するか」だと思います。

検索したはいいものの、なんとも役に立たないサイトばかり上位に表示されたのでは、検索エンジンとしての使命はまっとうできていないと言えるでしょう。

と、いうことは、今度はサイトを運営する側の心構えとして、
検索エンジンで上位にヒットさせたければ、そのキーワードで検索をしたユーザーの要望にマッチしているサイトである必要がある、ということです。

SEOに躍起になる企業の気持ちは、
「いかに検索エンジンで上位にヒットさせるか」です。

なんだか大事なことが抜け落ちている…と感じることがよくあります。

検索エンジンは二の次です。
まずはコンテンツです。
コンテンツをもう一度練り直しましょう。
どうせなら全部リライト(文章を書き直す)しましょう。
古いサイトなら、この機会にインフォメーションアーキテクチャを考えましょう(情報の再構築とでも言いますか)。
情報を系統立てて、いかに見やすく、いかに有益なサイトにするかを考えましょう。

と、いうようなことを、私はお客さんに話します。
(実際の私は大変のんびりした感じなので、このようにハッキリ述べることはありませんが、持って行き方としてはそうなるように心がけています。)

今どき検索エンジンを意識しないお客さんはほとんどいません。
なので、Web制作屋としては、いわゆるSEOは「やって当たり前」。

上記のように、コンテンツとインフォメーションアーキテクチャを検討し作り直したなら、あとはデザイナー(&コーダー)の腕の見せ所です。
どうやって制作していくかは企業秘密です。…嘘です。長くなるのでまたの機会に書きます。


どうやれば上位に表示されますか?と聞かれれば、
「ちゃんと作ることですね」
と答えます。

変なものを仕込んで劇的にランクを上げたとしても、それは一時的なものです。
企業・団体のサイトなど、長年に渡ってじっくり上位に腰を据えたければ、ちゃんと作ることです。
ちゃんと作ってさえおけば、結果は必ずついてきます。

ただただ普通にちゃんと作っただけのサイトが、何年も検索結果の上位に君臨できているのだと知って、今回改めてこの考え方の大事さに気付いた次第です。

ファーストサーバ大規模障害のおかげとでも言いましょうかね…


※ファーストサーバ障害、再構築のご相談に乗ります。ただし、こちらも個人対応になりますので、あまり大規模なものはお受けできません。詳しくはこちらの投稿「ファーストサーバ大規模障害:Web制作屋としてできること」をご覧ください



Webサイト・CGI ブログランキングへ




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。